コンセプト


コンセプト

AYA流 フードセラピーのすすめ

You Are What You Eat.
私たちは心も体も、食べ物でできています。
あれが良いこれが悪いと情報はあふれているけれど、
難しく考えず「私の体は今何を食べたいのかな?」
どうぞ体の声に耳を傾けてみて下さい。
美味しいものを食べると、
どんなときだって元気が出ます。
「あの人に食べさせてあげたいな。」と大切な人のことを思い出します。
いっしょに楽しくご飯を食べれば、その人との関係はぐっと深まります。
食べることが、人と人とをつなぐのです。
だから私はお料理をするのが大好きです。

1日1組の大切なお客様のために。
食べることは生きること、
無理せずうんと楽しんでもらえるように。
それがAYA'sテーブルのフードセラピーです。

プロフィール


プロフィール

1981年宮崎市生まれ。 早稲田大学教育学部卒業。
薬剤師の母親の影響をうけ、病弱だった幼少のころより漢方や自然食、テルミーなどの東洋医学に触れて育つ。学生のころからマクロビオティックや薬膳などの食事療法に出会い、野菜を中心にした「体に優しくて心も元気になれる料理」を模索し始める。世界各地を訪れ、それぞれの土地に根付く医食同源の思想や郷土料理に大きな影響をうけると同時に、水中のセラピーWATSU、ヨガをはじめとするアーユルヴェーダ、薬草を使ったKOHKI療法など、カリフォルニアを中心に、世界各地のスクールでセラピストとしての様々なメソッドも学ぶ。2007年、日本で初めて「フードセラピー」をコンセプトにした「フードセラピーカフェMANA」を東京の虎ノ門にオープン。セミナーやワークショップイベントも多数開催。2012年より拠点を宮崎に移し1日1組のプライベートレストラン「フードセラピーAYA‘sテーブル」をオープン。宮崎・東京をはじめ、訪れた各地で料理を作り、料理教室やセミナーを開催しながら様々な方々との出会いを通じて「心と体に優しい料理」を研究中。

return to home